Value aging 白書

Value aging白書

急速に高齢化が進行する今日の日本社会。 2030年には3人に1人が高齢者(65歳以上)となる社会を迎えます。

この超高齢社会の中で、明るく前向きな生き方と暮らし方を提案していきたいと、Value aging白書を発刊いたしました。

本白書では、様々な分野で活躍されValue agingを実現されている高齢者の方々、Value aging社会を実現するために様々な取り組みを行っている企業や有識者の方々、Value aging を支えるヘルスケア理論などを紹介しています。

また、Value agingを実現するために必要なファクターや課題研究を通じて、高齢化社会における主な課題と可能性を探りながら、これからの日本の豊かな暮らしを確立していくためのポイントをまとめています。

「Value aging白書」は、2012年にVol.1~4に分けて発行したものを、統合・再編集したものです。それぞれの号をご希望の方は、以下よりご覧ください。