CASE STUDYValue aging 自立支援介護事例

Value aging自立支援介護事例

Value agingの二本柱の一つである「自立支援介護」の基本は、「水分」「栄養・咀嚼」「排泄」「運動」の四つの要素です。

これらの要素を重視し、ご本人の体調を整え、体力を回復させることで、意欲や活力を取り戻すことを基本精神としています。まさに自立を支える介護方法です。
この自立支援介護の実践により、自分らしく年を重ねていらっしゃる方々の事例をご紹介します。

自立支援介護の基本「水分」「栄養・咀嚼」「排泄」「運動」